読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おはようのうた

クローバー・クラブ

本がじわじわ増加中

本がじわじわ増加中。子供の頃に出会った本を大人になってからやっと見つけて、購入することができたら、それはもう宝物のように感じます。
宝物の本を段々と増やしていける事、これは私にとってかなり価値のあることです。出版が終わっている本は買おうと思った時点で既に在庫が無いばあいがあるし、私の性格からすると、値段が高くなっていても購入しそうな気がします。本を読んだ後、頭に記録できたもの、身についたもの、後々のために事あるごとにチェックしたり本棚から出す機会が多いとわかっている本は処分はしない事にしています。


高品質低コストのデジタル化の影響で、本も売れ辛く、絶版本がどんどん増えていきますが、付き合いが長くなりそうと思える本は、長期間手元に残したいものです。



気がつくと、本のタワーがあっという間に増えています。
見ると、興味がある分野の本や必要分野の知識をカバーするため本、人から勧められた本などが増えていきます。