読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おはようのうた

クローバー・クラブ

書店も苦戦

読書の後、頭に記録できたもの、身につき実践に使えそうなもの、今後のために復習をする目的などで、本棚から出す機会が多いと予測できる本はずっと持っています。出版が終了している本は買いたくても売っていない確率が高いし、自分の傾向では、結局また探してでも買ってしまいそうです。


わかってはいるけれど、様々な本が次々と増えています。どうやら傾向があって、興味を追及するための本や知識を増やすための本、人から勧められた本などが増えていきます。高品質低コストのデジタル化の影響で、本の売れ行きが悪くて書店も苦戦しているようで増刷が途絶える本が増えていますが、最初から「また出会いたい」と思える本は、長く所有していたいと思うものです。記憶がのこっているぐらいの小さい頃出会った本を手に入れる事ができて、購入することができたら、それはもうとても大事な宝物です。宝物だと思える本を段々と増やしていける事、こういうのがなかなか幸せだったりします。

広告を非表示にする