読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おはようのうた

クローバー・クラブ

高確率でプリクラを撮るのが好きです

高確率でプリクラを撮るのが好きです。プリント倶楽部で撮るプリクラをデコったりするのあ20代そこそこの女性がしているような暗黙の了解みたいなものを感じますが、実際いつまでこういったことをしても引かれないでしょうか。私の趣味というか好きな事なんですが、今だにいつもよく遊ぶ仲間と遠出したり街中に出て遊んだりした時に、珍しいプリクラ機を見つけては撮るのが習慣化しています。


若い人に限らずプリクラを撮っている人を見かけるので、まだ当分プリクラを撮るのをやめたりはしませんが気になるのはプリクラででてくるプリントシール。

プリクラ全盛期だった頃、学生だった女の子なら覚えがある人も結構いると思うんですが、私流ですと今も変わらずプリクラ用の手帳の遊んだ日のところに撮ったプリクラを貼ります。プリクラも思い出のひとつとして残したいわけですね。プリクラで撮ったシールをひっそりと自分だけが楽しむために貼るかどうかは人それぞれなので一般論なんて気にしなくていいよね。

と開き直ることにしました。

本がじわじわ増加中

本がじわじわ増加中。子供の頃に出会った本を大人になってからやっと見つけて、購入することができたら、それはもう宝物のように感じます。
宝物の本を段々と増やしていける事、これは私にとってかなり価値のあることです。出版が終わっている本は買おうと思った時点で既に在庫が無いばあいがあるし、私の性格からすると、値段が高くなっていても購入しそうな気がします。本を読んだ後、頭に記録できたもの、身についたもの、後々のために事あるごとにチェックしたり本棚から出す機会が多いとわかっている本は処分はしない事にしています。


高品質低コストのデジタル化の影響で、本も売れ辛く、絶版本がどんどん増えていきますが、付き合いが長くなりそうと思える本は、長期間手元に残したいものです。



気がつくと、本のタワーがあっという間に増えています。
見ると、興味がある分野の本や必要分野の知識をカバーするため本、人から勧められた本などが増えていきます。

見える部分のエイジングケアよりも

見える部分のエイジングケアよりも。若いときは気にもしなかった、歳を重ねて起こる明らかにわかる変化がたくさんあるって、痛感しています。

近頃では美容に手やお金が回る層が増えたのか、老化対策に気を配るおんなの人達が増えているようです。毎週何種類もの広告を目にしますが、明らかにいわゆる「主婦層」の女性に訴えるような広告が目立ちます。
目をひきます。
それはアンチエイジング関係がいっぱい!お顔のアンチエイジングのように、体力や内臓の若さにはこれだけで問題なし!という万能製品があったらいいのですが。

自分の毎日の生活の中で老化で気になるのは健康面に対してが多く、しわやたるみがどうこうより体の調子が不安定な事の不安の方がたくさんあります。


体力がつづかない事や、運動が足りていない。



運動しなくちゃって思うけど、すぐ疲れる。

食べると胃がおかしくなることが多いとか。

健康の悩みが対策が必要だと感じています。

不規則な生活が要因じゃないかと

不規則な生活が要因じゃないかと。症状が重くなる系のニキビの発生に対して思い悩んだ挙句、私の事をよくわかっている母に聞いてみたら普段の生活が主な原因なんじゃないの?と言われてしまいました。指摘通り、遠くの友達と夜な夜なチャットをして遅くまで起きていることが多く、3度の食事の内の2度は食べたり食べなかったりと、心当たりありすぎです。ニキビができないようにするには、食事の見直しだとか、根本的なところを整える事が大切なんだなと、実体験をしてわかりました。口コミなどでおススメのニキビケア用品をあれこれと買い替えても効果はなかったんですが、めんどくさいと思って避けていた悪い生活スタイルをしだしたら少ない変化ながら本当に治っていくので、感心しました。

20歳を過ぎたころから、未だにニキビと縁が切れません。

よくいう大人ニキビです。肌の見た目痛々しそうに見えるし、肌がキレイじゃなくて外出しなければならない時のメンタル面に関わってきます。


大人ニキビといわれるものにはいろんなところにでてくるのがあって、私の場合は最多出現率を誇るのは顔で、もしもニキビがぽつんと出来始めたらそれ以上広がらないようにすることが大事です。

いつ食べても思い出が作れる

いつ食べても思い出が作れる。わたし的にこれ!という駄菓子は、ヤングドーナツとどんどん焼き。アルミのリングの形でマーブルチョコみたいなのが入ってるやつ。
小学生ぐらいの頃、悩みながら買ってたな。
見た目には変化は感じられないけれど、ひとつひとつ見てみると数が減ってたり味が増えてたりと変化あり!駄菓子は私にとって思い出がぎっしり詰まった味、ちょっと切ない味、。今も、昔と変わらずやっぱりおいしいな。いつも行くスーパーに買い物に行くと駄菓子屋さんの出店ができていました。懐かしいお菓子です。懐かしいものもあれば、定番のものまでさまざま。



気になる点といえば、もっと前は値段がちょっと。


と心の中でつぶやく。駄菓子なのに高いって思っちゃうのは、昔と今では物価が違うんだからと承知してるんだけども。
100円だとたくさん買えたなぁ。いっちょまえに「買い物をしてる!」みたいな楽しみがあったしね。というわけで、過去の定番とカルパス買いました。

ナルトは評判が非常に高いらしい

ナルトは評判が非常に高いらしい。NARUTO-ナルトは日本以外の国でも口コミ、感想が結構高いらしいですが、それもワケがあります。
忍(しのび)がテーマだし(笑)、仏教とか、神道道教などの影響もあるでしょう。かなりアジア的・日本的なので、海外の人には異国情緒に見えるのでしょう。



イタチが好きだったロシア人が、イタチが死んだことに衝撃を受けて自分で命を絶つという日本以外での事件があったらしいとのことです。思い起こせば確かにそれほどの衝撃を与えたということですね。息子に、50才超えてるのおばさんが読むコミックじゃないぞとおちょくられていますが、気にせずにとガンガン読み進めてます。



絵がすごく綺麗で東洋の神秘的な感じなののも評判のいい理由だと思う。



うちはイタチが弟の「うちはサスケ」を身を挺して守る為にワザと死んでしまったところはちょっと涙が出てきました。
少年漫画のNARUTO -ナルト- 疾風伝を読破中です。今までにコミックで数十冊出てますが、まずは一番最初から読んでそしてまた

仲良く同棲するなら大事な事は…

仲良く同棲するなら大事な事は…。以前付き合った彼と同棲もしましたが、結局うまくいきませんでした。

私に関しては、料理好きではなくやる気もあまり起こらず、料理は全部彼任せ。彼は女の子顔負けなくらい器用で料理もうまくて、魚をさばいたり、漬物も得意なので、料理に関わることは全く私が関わることがありませんでした。
私は、掃除や洗濯は得意だけれどもかたや料理は本当にさっぱり、彼が忙しくて仕事で遅く帰ってきても、私はご飯の支度をしていなくて疲れて帰ってきた彼が、またそこから作らないといけないはめに。「結婚をしたいのなら、第一に胃袋を掴むと成功する」とよく言われます。料理が上手な事が結婚相手をゲットする秘策とはいえないと思うけど、料理をするのが上手であるに越したことは無く、第一自分の武器になると、最近になってよくわかるようになりました。同棲していて苦手なところは得意な部分でカバーして苦手な物には手を出さないのでいいような気がしていましたが、苦手部分に完全に背を向けたためにちりつも式にお互いストレスが積み重なってしまいました。料理ベタな事は勿論問題ですが、出来ない事でも相手を思いやりを持って見れなかったのが一番ダメだった点でした。



それにしても、料理をきちんと勉強する必要があるなと思い、現在、料理教室を探して、通い始めました。